TAjiKA 「garden clipper」


garden clipper  ¥16000(本体価格)
             
size・weight-------------------------------------------------------

garden clipper  18.5cm 195g

※商品は1点ごとの手作りになりますので誤差が生じます。
     
comments----------------------------------------------------------

<garden clipper>

兵庫県小野市で四代に渡り裁鋏を製造する「多鹿治夫鋏製作所」とセレクトショップ乱痴気、東京を中心にガーデンニング活動をしている集団・VALLICANSのコラボレーションにより生まれた「剪定バリカン」。そのTAjiKAバージョンとして「garden clipper」を製造しました。
髪を刈り上げるバリカンをモデルにした鋏で、柄が太く、刃が厚いため、Ironシリーズよりも太い物を切ることができます。趣味でガーデニングされる方はもちろん、花屋さんなどお仕事される人にも、幅広い方々にお使い頂ける鋏です。

この鋏の特徴はそのフォルム。あえて使い古した型を使い、鍛造した持ち手、手作業で加工したT字としゃもじ型の部品は、1つ1つ違った形になっていて、全く同じ物はありません。さらに、持ち手は3次元の曲がり方をしており、本来のバリカンの特長ともいえるこの形を作り出すのにはかなり苦労しました。T字は形のバランスを整えるだけでなく、指で挟みこむことで落下防止にもなります。
形はもちろん、裁鋏の技術を用いた切れ味も多鹿治夫鋏製作所が作り出す鋏ならではの「こだわり」です。普段の裁鋏の工程にはない「手研ぎ」をすることで、風合いを残し、切れ味を高めています。
磨きをかけないで、あえて粗い目を残したTAjiKAブランド独特のアンティークの風合いに加え「いぶし仕上げ」という加工で黒く仕上げています。そのため持ち手の部分は錆びにくくなっています。※注1
溶接等によりできたごつごつした肌に黒仕上げという男っぽい印象に対して、蕾の形をイメージした刃で可愛らしさを加え、女性にも持って頂きやすい形にしました。

刃先をカバーするケースは、ブーツ等に使われる高級な革を使用。靴型を抜いた後の残った革を使用し、靴職人さんにより手作業で縫われています。また、留め具にも革を使用しています。
(留め金具と革留めの2種類あります。)※注2
※ 注1)錆びにくい加工にはなっていますが、錆びないというわけではありませんので
使い終わった後はしっかりと水気を拭き取って下さい。
※注2)靴製造で余った革を使用するため、その時々により色が異なります。

<注意点>
製品出荷時には錆び防止のため、刃の部分に油を塗っております。気になる方は柔らかい布などで刃の裏面にくずなどが残らないようきれいに拭き取ってお使い下さい。
出荷時にはスムーズに動くように調整していますが、使用を続けられて動きが悪くなってきたと感じられた場合は、ネジの下に少し油を差すとスムーズに動くようになります。もし、それでも直らない場合は、修理の必要な場合がありますので、お買い求め頂いたお店にご連絡下さい。
太い枝や硬い物など切る場合、無理に力を加えて切ると危険ですので、回し切りをするなどして、怪我には十分ご注意してお使い下さい。また、鋏を落とすことで刃が欠けたり調子が変わりスムーズに動かなくなることがありますので、取り扱いには十分ご注意下さい。

<アフターケア>
修理可能ですが、状態により刃を修理する場合は少し風合いが変わる可能性がありますのでご了承ください。修理に関してはお買い求め頂いたお店にご連絡下さい。
(※費用や修理にかかる時間等は、商品の状態やその時の仕事量により異なりますのでご了承下さい。)