TAjiKA

四代目の日々を綴る日記です。

about

”TAjiKA”は、ハンドメイドならではといえる独特の風合いと、アン ティーク鋏のような優美なデザイン、そして申し分のない気持ち良い切れ味をあわせ持った、こだわりの一品に仕上がっています。

works

”TAjiKA”の商品はこちらから。


クリエイティブ
2013年06月25日

ほぼ毎日、FMを聞いています。
仕事をしながら。車で移動中。
ジャンルレスで音楽が流れてくるので
知らない人が知れて面白い。



月~木曜の午前は
坂本美雨さんがゲストを迎えてトークする
「Dear friends」という番組がある。
昨日と今日は、アートディレクターの
森本千絵さんが出られていたので
そのことを少し。



大まかな話の流れは
明日発売のベストアルバム「miusic」について。

miusic.jpg

あと、これまで二人が作ってきた
アルバムの話やプライベートのことも少し。


その中で、森本さんが他のミュージシャンも含め
どのようにジャケットなど、製作していくかの
話がとても興味深かったので、自分のことも交えながら
紹介してみようと思います。



普段、森本さんは仕事の依頼が来た時
相手の情報(おそらく曲や想い?)を
いっぱい集めて、それを形にするそう。

だけど、美雨さんとの仕事は
美雨さんの中に創りたいものがあって
それを形にするのが私の仕事。
(それはすごく珍しいパターンらしい。)



というような話をされていた。
(すみません。言葉はうろ覚えです...。大筋は合ってるはず。)




簡単に話されてましたが
美雨さんの持ってるイメージを
感じ取れる森本さんはやっぱりすごいなと。

もちろん、このアルバムまでに
一緒に仕事をやっていたり
プライベートでも親交のあるお二人
だからこそ分かることもあると思いますが
こういう関係はなかなか築けるものではないし
それが良いクリエイションに繋がっているのだと
感じました。


同じようなことが私にも言えて。
私自身は意識したことなかったのですが
友人から、


「多鹿君は作りたいイメージを持っているから
全てを相手に任せるのって無理やね。」


と言われた事があります。
確かに。結局は自分が良いと思うものが良い。

ただ、写真や印刷物など
こんな感じがイイ!と
うっすらイメージはあっても
形にする能力は持っていません。

それを代わりにしてくれているのが
和田君はじめcubic designの皆さん
イラストレーターのノダマキコさん
フォトグラファーの石野千尋さん
という面々なわけで。

私が伝えてイメージ+αで
仕上げてきてくれるので
本当に感謝しています。



私の中では常に考えていることですが



「TAjiKAは私のものであり、私のものでない。」



つまり、もともとは私の持っていたフワッとしたイメージが
それぞれの解釈によって、「これでどうだ!」って
出てきたものを私が再編集・再構築しているのが
TAjiKAというブランドだということです。

皆さんの見ているwebは私のイメージであり
私のイメージでないものを具現化したものなのです。


ちょっと難しい言い方しましたが
なんとなく伝わりましたか?

詳しく説明しても分かってもらえない人や
勝手な解釈で仕事をする方もいるだろうし
時には、自分が思っていたのと違うけど
その方が良い時があったり。

きちんと私のことを理解して
良いものを一緒に作り上げられる
仲間がいるということは
ありがたいことなんだと
ラジオを聞いて改めて感じました。

さらに良いものを作れるよう
頑張ります!!ではでは

recommend book
2013年06月23日

最近、時間が過ぎるのが早いですね。
なんていうのは、ただの言い訳...。
いくつかSNSやっているので
何かに偏ることはあるかも。。
最近はtwitterが増えているので
良かったら見て下さいね。


で、今回もオススメの本を。


transit.jpg

発売してから、だいぶ経ちますが
紹介できていなかったので。


「transit」


いつも買うわけではないけれど
いつも気になる雑誌。
価格が少し高いのですが
内容もしっかり読み応えがあるし
写真も好きな感じ。

何より、この北欧特集について
transitのtwitterで


「もうこの色はでないかもしれません」


印刷の色校正にもかなり時間を
かけられているようで
妥協していないのが感じられます。
それくらいこだわりを持った
1冊になったなら、買わないわけには
いかないでしょう!
ということで、買っちゃいました。


もちろん、写真だけでなく内容も納得の1冊。
今更ながら、バックナンバーを
集めようかと思っています。




あー、オーロラ見てみたい!!!




皆さんは行きたい国はありますか?


recommend book
2013年06月16日

こんにちは。
前回の「ふわっとした話」
いかがでしたか?

日々、あんなことばかり
考えているわけではないですが
ま、いろいろ考えています。



前回と同じような内容を
続けていくつか書きたいのですが
ゆっくりまとめる時間がないので
先に、サラッと書ける内容をいくつか。

まずは最近できていなかった
本の紹介を。(←溜まりに溜まっている...)


soen201307.jpg


久しぶりに買いました。装苑。
内容が気になる時は買います。



「ドレスを作ってみませんか?」


前から気になっていた
シアターユアーズのことや
ミナペルホネンピースなどが
特集で組まれています。



服を作る人みんな
うちの鋏使えばいいのに。



なーんて・・・(笑)
それは無理な話ですが
少しでも道具へも目が向いてくれると
良いのにな。と思いつつ
ざっくり読んだ所をもう少し詳しく
読みこもうと思います。


次回も本を紹介する予定です。
ではでは。

ふわっとした話。
2013年06月06日

前から思っていたことだけど
うまく言葉にできなかったこと。

フォローしている方のtweetを見たり
本を読んだりして、うっすらと見えてきたことがあるので
書いてみようと思います。



私は地元愛が強いと言われることがあります。
確かに、小野は好きだし、兵庫・神戸も大好きです。
自分が普段住んでいて、よく知っているから
紹介できたりオススメできたりします。


でも、それって別に地元じゃなくても良いと思うんです。


他の地域に良い場所・お店があって
よく知っているなら、そこを紹介するだろうし
篠山なんかはそうかな?知り合いも多いですし。

地元だから紹介するんじゃなくて
自分が良い!と思う、思える場所、店があるから紹介する
それだけなんですよね。
たまたま、人よりよく知っているのが地元小野だった
というだけ。


少し前から、雑誌で「地方」とか「田舎」
という言葉を目にする機会が増えた気がします。
地方ってなんだ?東京や大都市から見た田舎のこと?
大体そういう記事って、いいことしか書いてない。
むしろ、田舎の方がしがらみだらけなんですよね。
良いにしろ、悪いにしろ。

今はネットや流通の進歩によって、タイムラグが
とても少なくなったように思います。
昔ほど、東京など大都市に出ないと、大きな仕事、
注目されるような仕事がない。ということは減っていると思います。
もちろん、居る方がチャンスや確率は高いだろうけど。



だから、「どこでする」んじゃなく、「何をする」かが
重要だと思うんです。



ものづくりだって、made in JAPANは今でも人気が高いけど
昔ほどの魅力はなくなった(ように思う。)
(まだまだ埋もれている良い物はいっぱいあるだろうけど)

日本製!って売り出すのではなく
良い物って、別にどこ産とかではなく
「ただ単に、良い物」なんだと思う。
結果的に、あぁ、良いと思ったらやっぱり日本製か!
くらいの方が好ましい。気がする。

TAjiKAも外国のアンティークのようでもあり
昔から日本にある物のような雰囲気も持つ
「どちらにも似合うもの」というのは少し意識しています。


核心を突いているようで、ふわっとした話しか
できないのが少し歯痒いですが
皆さんにいろんな捉え方をして頂けるかな?と思うと
ふわっとしたままでもよいかと...(笑)
もし機会があれば、思ったこと、聞かせて下さいね。


すごく考え方が似ていたブランドの記事があったので
リンク貼っておきます。mameというブランドです。
http://fatale.honeyee.com/



このご時世、ネット販売は欠かせないかもしれませんが、
TAjiKAの製品は特に、手作りのため1丁ずつ形が異なります。
ですから、できる限りお店で、催事で、直接手に取って、選んで頂きたいです。
「自分が気に入った物を選ぶ」という行為は、
モノを大切に、長持ちさせる要素の一つだと思います。
これからも気持ちを込めて製造し、届けていきます。



以上。ふわっとした話でした(笑)


Recommend
2013年06月03日

こんばんは。
ライブに続き、映画もちょこちょこ見てますよ。
あ、でも今年はようやく2回目?かな。


ちょっとした時間に
前から気になっていた
「ペタルダンス」観てきました。

ペタルダンス.jpg

石川寛監督の撮る映像はすごく好きで
言葉でうまく説明できないのですが
空気感というか、んー、何だろう。

何気ない日常の場面なんだけど
それが特別に感じるように撮っているというか。
ありそうで、ない感じ。



(笑)



分かりませんよね。私も分かりません...(笑)
とにかく、好きなんです。
石川監督はこの他に、「tokyo sora」や
「好きだ」という映画も撮っておられて
私は「好きだ」のDVD持ってます。

好きだ.jpg

天気が良い日が続いていますが
梅雨に入りましたし、雨の日は映画鑑賞を
してみてはいかがでしょう?
ペタルダンスは90分なので、少し短め?
見やすいです。気になった方は是非!

次は「ビル・カニンガム&ニューヨーク」
という映画が気になっています。
公開中に行けるかなー?ではまた