TAjiKA

四代目の日々を綴る日記です。

about

”TAjiKA”は、ハンドメイドならではといえる独特の風合いと、アン ティーク鋏のような優美なデザイン、そして申し分のない気持ち良い切れ味をあわせ持った、こだわりの一品に仕上がっています。

works

”TAjiKA”の商品はこちらから。


recommend exhibition
2013年04月30日


こんばんは。
皆様GWはいかがお過ごしでしょうか?
カレンダー通りの方はあと2日働くと
また4日休みですね。
この3日間もお休みの方は
どんな所に行かれているのでしょう?


昨日、用事もあり篠山に行ったのですが
用事の前に、気になっていた展示見てきました。


「colissimo」(HP)さんで開催されている
「小たに」(HP)さんの展示


GWということもあり
いつもより多いと聞いていますが
天気も良さそうですし
あの自然は気持ちいいですよー!
いっぱいお薦めしたいお店がありますが
行った先々で、オススメのお店を
聞きながら回るっていうのも
面白いかもしれません。


後半の休みにどこ行こうか迷っている方は
是非行ってみて下さい!
全部見せると、ネタバレになるので
一部分だけ写真載せますね。
ではでは



colissimo.jpg


八年目スタート!
2013年04月22日

こんばんは。
twitterやFBではつぶやいたのですが
ここでも改めて、思いなんかも。


4月19日に職人八年目がスタートしました。
末広がりの「八」というのはこじつけですが
ちょうど、いろんな広がり、例えば取引先とか
自分の仕事の範囲・・・などなど。
そんな広がりがある年になるのかな?という
予感?実感?がしています。
SNS等を通して発信していきますので
気になる方は「フォロー」や「いいね!」して下さいね。



それはそうと、何故か思い出した
前職の退職日と職人スタートの日。
振り返ると、濃い1年と少しでした。

今だから言えますが
ほんとに嫌なこともあったし
辛いこともあったし、大変だった。
けど、辞めようとは思わなかった。
何故かって?入社する時に



「将来は家を継ぐので辞めます。」



と宣言して入社したからです(苦笑)
なんと生意気な新入社員...。
ほんとお世話になった方々、すみません。。

それでも、受け入れて下さった会社には
本当に感謝していますし、あの経験がなければ
きっと今の自分はいないとはっきり言えます。

1日100件超、飛び込み営業したことや
お客さんに怒鳴り散らされたこと。
営業スタイルに悩んだりもしたけれど
最終的に、自分のやってきたことが
間違いなかったと感じることができた
お客さんからの一言。

いろんな想いがあって
直前まで何もなかったのに
社長に最後の挨拶に行って
号泣してしまった...
いい歳した大人が...(笑)

なんだかんだ言って
会社が、仕事が好きだったんだなぁと
感じた瞬間でした。



あれからもう八年。
まだまだ半人前だけど
ようやく、全体像も見えてきた。
まだやらせてもらえない工程もあるけれど
父の仕事を見て、頭でイメージはできている。

ここからは、繰り返すことで鍛えられる
技術も必要だけど、感覚・センスが問われる
工程になると感じています。
果たして自分にできるのか?
不安もあるけれど、楽しみの方が
少し大きいかな?頑張ります!!
ではでは


おへそ的買い物展 in 新宿伊勢丹
2013年04月18日

こんばんは。
またまた更新遅くなってしまいました。。
今日は来週から始まるイベントの告知を。
暮らしのおへそ(HP)」という本のイベントです。

本などで紹介して頂いた縁で交流のある
イラストレーターの平澤まりこさん(HP)に
声をかけて頂き、ハサミ数種類を販売することになりました。
詳細は下記の通り。

といっても、普通に販売しても、いつも通りになるので
今回は特別バージョン!!!
何が特別かは、また追って報告します。

とーーーっても良い物できましたよ♪
私もテンション上がりました(笑)
どうぞお楽しみに!
ではでは



---------------------------------------------------


◎期間:2013年4月24日(水)~5月5日(日)


◎場所:伊勢丹新宿店本館4階「ライフ&スタイル」
      東京都新宿区新宿3-14-1


出店予定の方々はコチラ!


 


くるみの木 石村由起子さん


オカズデザイン 吉岡秀治さん 知子さん


イラストレーター・クラフト作家 井上陽子さん


サルビア セキユリヲさん


in-kyo 中川ちえさん


ao(アオ) 久保正子さん


R&DM.Co- ALDIN しむら祐次さん とくさん


フードスタイリスト 広沢京子さん


krank marcello 藤井健一郎さん


ガラス作家 イイノナホさん


CHAR* 清岡まなみさん


TRAM 水上真由美さん


フードデザイナー たかはしよしこさん


イラストレーター 平澤まりこさん


モーネ工房 井上由季子さん


KATO  GRANDMA MAMA DOUGHTES 


加藤博さん 宇和川恵美子さん


PATINA 泉美貴子さん


SPOONFUL おさだゆかりさん


かえる食堂 松本朱希子さん


無相創&ENSYU ヨネハラマサカズさん 上野雅代さん


hal 後藤由紀子さん


himie 下川宏道さん


ebagos 曽我部美加さん


革作家 華順さん


Roundabout&OUTBOUND 小林和人さん


おもたせ菓子研究室 石川亜貴子さん 西川千栄さん




(順不同、4月2日現在の出展予定者です。変更の可能性もあります)


N magazine
2013年04月10日



この所、考えていることを
昨日の夜、書きなぐったのですが
あまりに散文過ぎたので
また後日、ちゃんと書こうと
思っています。

ので、今日は本のこと。


話題の?(皆さんご存知なのだろうか?)
学生が作った雑誌「N magazine」について。



n_magazine.jpg


ここまでのものを作っているのだから
「学生の」という形容詞をつけるのは
失礼かもしれませんが、一応説明としてつけました。

内容については賛否両論あるようですが
私は単純にこの出版不況と言われている時代に
自分でお金をため、行動して雑誌を作った
ということに興味をもったので買ってみました。


率直な感想としては
正直、良いのか悪いのか、分かりません。
私はファッションの専門家ではないですし
ハイファッション系は苦手なので
あまり魅力を感じませんでした。
途中の読み物(編集長等へのインタビュー)は
読み応えがあったと思います。



重版までも完売にさせる要因は
何だったのか分かりませんが
時間が経って読み返すと、今とは違った
印象を受けるかもしれません。
もう少しゆっくりした時に
じっくり読んでみようと思います。



内容に関しては、人それぞれ
思うことはあるでしょうが
同じ年齢の時、私が同じクオリティの物を
作ることができるか?と問われると
きっと無理だと思います。
あそこまでの物を作るということ自体が
すごいことだと思うのです。



次の号が出たら、もう一度は買ってみると思います。
今回の経験を活かして、次どうなるか、楽しみです。
いろんな意見を力に変えて、頑張ってほしいですね!
私も負けないように動くぞー!!


ダイワマン!?
2013年04月05日


ふざけたタイトルですみません。。
いや、決してふざけてる
わけでもないのですが...。


というのも、今日は
久しぶりに掲載誌のお知らせが。


ダイワハウスさんが
会員向け(住宅購入者やったかな?)に
発行している「okaeri」の
春夏号にcopperを掲載して頂きました。



okaeri.jpg


とても綺麗に撮影して頂き
TAjiKAだけでなく
竹二ラインの鋏にも
興味を持って頂けた
読者さんもいて
嬉しかったです。


普通には手に入りませんが
ダイワハウスに住んでおられる
知り合いの方かうちの工場まで
来られる機会があれば
お気軽に「見せて!」と仰ってください。
すぐ出します!(笑)


もう一つ掲載が決まっているのですが
発売されたらまたお知らせしますね。
ではでは